ノッティングヒルの日記人

映画、ボクシング、音楽などの感想を徒然なるままに…

ドルティコスさん判定で初戦突破…ユニエル・ドルティコスvs.マテウス・マステルナク

こんにちは管理人です。

今日は2018年10月20日アメリカのフロリダ州オーランドで行われたクルーザー級WBSS一回戦

ユニエル・ドルティコスvs.マテウス・マステルナクの一戦です!!

WBA王者のドルティコスはこれがガシエフに敗れて以来の再起戦でもありますな。

 

マステルナクはベリューやカレンガと対戦してきたクルーザー級の強豪…まさに世界戦レベルのマッチアップですな…

 

そしてこの試合はドルティコスがぶん回す強打に耐えながら肉薄するマステルナクと接戦を演じた末に僅差3-0判定勝ち!タビチが待つセミファイナルへと駒を進めました!!

 

それではこの試合を振り返ります!!

 

試合経過

 

1ラウンド

マステルナクはプレッシャーをかけながら前進し、ドルティコスはガードを高く上げてジャブをつく。

中盤からドルティコスがプレッシャーをかけ始めてジャブから右をガードの上から放ちマステルナクもガードの上からジャブを放つ。

マステルナクは残り1分でドルティコスのボディを叩き、研究の成果を見せる。

ドルティコスは終盤ジャブにジャブのカウンターを合わせて後退させる。

 

 2ラウンド

ドルティコスはジャブをついてこれがよく当たる。距離が詰まると右を放ちパワーを見せる。

ドルティコスは中盤ジャブに右を被せてくるマステルナクを下がらせる。

マステルナクもワンツーを返すがこのラウンドはやや押されている。

ラウンド終盤ドルティコスの右の打ち下ろしで下がるマステルナク!!攻め立てるドルティコスだがマステルナクは耐える!

 

3ラウンド

マステルナクは下がりながらも力を込めてジャブをつく。ドルティコスはおかまいなしに右を打ち込むがマステルナクのジャブがガードの隙間を通り抜ける。

ラウンド1分過ぎにはドルティコスの右が当たり、そこから数発右を当てる!

ラウンド残り1分やや打ち疲れたドルティコスにマステルナクのショートの左フックが当たる。ボディも当たるがドルティコスも右を強振してくる。

 

4ラウンド

マステルナクはドルティコスのパンチで左目尻をカットしている。

マステルナクは序盤ショートの右を綺麗に当てる。

マステルナクは精度の高いジャブを繰り出すがドルティコスは力任せに右を振る。

中盤右のボディを何発も当てるドルティコス。マステルナクもジャブを返すがパンチの効果の差が出ている印象。

 

 5ラウンド

ガードの上から右を叩き込むドルティコス。ガードの上からでもマステルナクの体が揺れる。

マステルナクは踏み込んでパンチを放つも間合いが遠くて当たらない。ドルティコスはボディを狙う。

ラウンド終盤マステルナクは飛び込んで左フックを浅く当て、逆ワンツーの左を当てる。

 

6ラウンド

速効型のドルティコスはやや手数が衰えてきた。マステルナクはしっかりガードして手数を増やし、中盤ボディを叩く。

ドルティコスも中盤ボディを狙い、動き回るマステルナクの失速を狙う。

マステルナクは飛び込んでワンツーを放ちこれがよく当たる。

ラウンド終盤にはマステルナクの右打ちおろしが決まる。

 

7ラウンド

ドルティコスは硬質なジャブをついて右を打ち込んで前進する。

ラウンド1分マステルナクと右を交換するがドルティコスの方が効果が高い。

ラウンド終盤には左ボディを決めるドルティコスはこのラウンドを優位に進める。

 

8ラウンド

マステルナクはワンツーから左フックを返しドルティコスはボディを打ち込む。

ラウンド1分には接近戦でアッパーを当て、右ストレートも当てるマステルナク!

スキルで勝るマステルナクは接近しては左アッパーを放ちこれがよく当たる。

 

9ラウンド

ドルティコスは序盤ロングレンジから右を打ち込みガードの上からでも後退させる。

ラウンド1分には右のオーバーハンドでコーナーに詰めるドルティコス。

中盤飛び込んでは細かいコンビネーションを放つマステルナクだが、ドルティコスのボディをもらい後退するシーンが目立つ。

 

 10ラウンド

ラウンド30秒右ショートをクリーンヒットさせるマステルナク。

ドルティコスも打ち返し、右をねじ込む。

ラウンド中盤マステルナクの左ボディが決まるが、ドルティコスも左ボディを返す。

マステルナクは終盤もショートの打ち下ろしを決めてこのラウンドを優勢に進める。

 

11ラウンド

マステルナクは疲労の見えるドルティコスに対して手数を多く出す。

ドルティコスは中盤右ボディを返すがやや押し込まれている印象。

ラウンド終盤には打ち出しにジャブを合わせられ、接近されて右を封じられる。

 

 12ラウンド

ドルティコスは開始早々ジャブでマステルナクの顔を跳ね上げる。

マステルナクはボディをダブルで放つがドルティコスも右をねじ込む。

右に合わせてクリンチしてくるマステルナクはホールディングが多くやや見栄えが悪い。

右をめいいっぱい降るドルティコスだが突進してくるマステルナクを捉えられないままゴングが鳴る。

 

判定は115-113が二者.116-112が1人の3-0でドルティコス!!

僕の採点では115-113でドルティコスでした!!

 

所感

 

マステルナクさんよかったですね!

 

正直試合前はドルティコスの強打の前に終盤までは持たないだろうなぁっていうのが予想だったんですけど、ストレート系しか基本放たないドルティコスを逆手にとって距離を詰めて近場でコンビネーションを放つ作戦は機能していましたね!

 

ドルティコスは結局パワーで押し切って勝ってしまうところは流石なんですけどここまで攻略法がはっきりしてしまうとそろそろ右ストレートだけじゃなくて入り際のアッパーとか使えるようにならないと苦しくなりそうかな。

基本この人のやることはロングレンジから右を放り込むことなので…

 

次戦はテクニシャンのタビチということで中間距離を得意とする選手。

動きは少ない方ですが省エネ戦法で空回りせられないか心配ですな…

 

ただ試合がとびきり面白い選手であることに間違いはないのでできないことを覚えるよりは今のままの方がいいかも笑

マルケスさんが元暫定王者ラモスを一撃に処す ファン・マヌエル・マルケスvs.リカル・ラモス

こんにちは管理人です。

今日は2011年メキシコのカンクンにて行われたノンタイトルマッチ

ファン・マヌエル・マルケス(メキシコ)vs.リカル・ラモス(コロンビア)の一戦です。

3階級制覇王者マルケスと元WBAスーパーフェザー級暫定王者のラモスとのこの試合、

マルケスが右ストレート1発でエッグい初回失神KO!実力差を見せつけました!!

この後のパッキャオとの3戦目に弾みをつけた試合ですね!ちなみに第3戦は彼らのライバル関係でも最も議論を呼んだ試合となります!!

ではこの試合を振り返りたいと思います!

 

試合経過

 

1ラウンド

サウスポーのラモスは前傾姿勢でジャブをつく。しかしマルケスのジャブに全くと言っていいほど反応できていない。

マルケスはラモスのジャブに右を被せてくる。

手が出しづらくなるラモスは距離を取る。

そして迎えたラウンド中盤ラモスの右ジャブと同時に放ったマルケスのワンツーの右がラモスの動く方向に放たれてラモスの顎にクリーンヒット!!

背中からバッタリと倒れたラモスは失神しマルケスの強烈なKOとなった!!

 

所感

 

マルケスさんの右強烈すぎ説…

 

パッキャオとの4度目の対戦で失神KOを奪ったのも右でしたよね…

もちろんラモスとの実力差は歴然としていましたが、それにしてもマルケスのパッキャオを意識したサウスポー対策はもう執念の一言…

 

今回の試合でも右ジャブに右ストレートを合わせて打ち出しを制限してましたしマルケスの心の中にはパッキャオへのリベンジがずっとあったんでしょうな…

ハーンさんワイルダーに怒る…ニュース

今日入ってきたニュースです。

WBA.WBO.IBFヘビー級統一王者のアンソニー・ジョシュアのプロモーター、エディ・ハーンがWBC王者デオンテイ・ワイルダーのファイトマネーの要求に怒ってるそうですな笑

Anthony Joshua 2017 Diary (English Edition)

Anthony Joshua 2017 Diary (English Edition)

 

ハーンによると、両者の統一戦が実現した場合ワイルダーが6割の報酬、少なくとも5割はよこせと言っているそうですな…

 

ワイルダーは12月1日のタイソン・フューリー戦で自らの価値を高める自信があるそうです…

しかし、ハーンはワイルダーのこの要求を受けて本当に試合をしたがってるのか疑問に思っているようで…

 

"あんなこと言ってワイルダーが本当に試合を望んでるなら相当なバカだよ。彼の言ってることを聞いてみろよ。

それはつまらねぇ、つまらねぇ、6割よこせだよ。消えちまえよ!3億も稼いだことないくせに!!

世界中のどこに行ってワイルダーのことを聞いてもみんな奴はクソだって言うだろうね!!

奴はショータイムで300万件あったこともないのにこの試合で6割を望んでる。バカか!?

時間の無駄だよ。注目を集めるためにジョシュアの名前を使うことはやめてくれ。僕の人生と時間の無駄だから。"

 

しかし同時に試合の実現の可能性についてはまだ希望はあるようで…

 

"多分彼は大きいこと言ってるだけだと思うんだよね。知らないけど。だけどもしそうならそんなことはやめてくれ。時間の無駄だから。僕はすっごく忙しいからね!

無駄な奴にかける時間なんてないよ。まあまあ疲れてきた。僕たちがしなきゃならないのは奴を追いかけてアプローチしてオファーして交渉しようとするだけさ。"

 

 

放送禁止用語連発でしたな…笑

ロドリゲス、モロニー、井上試合後のコメント!! ニュース

昨日アメリカオーランドで行われたWBSS一回戦の試合後の選手たちのコメントがありましたので和訳しました!!

まずは、苦闘の末IBFバンタム級初防衛に成功したロドリゲスさんから

 

"試合はタフで僅差だったと思うけど俺が勝ってると思っていたよ。モロニーには俺の中のベストを引き出してくれてありがとうと言いたいね。"

 

そしてアウェイで2-1の判定の末敗れたモロニーさん

 

"ガッカリしてるよ。 5ラウンド以降の俺はストロングに感じていたしそれ以降のラウンドは全部とはいかないかもしれないけど俺が取ったと思っていたからね。すぐに俺の夢の世界チャンプになることを実現できることを願うよ。"

 

WBSSを主宰するコモサのボクシング取締役のカイル・サザーランドのコメントです。

 

"これはファイトオブザイヤー候補だったね。防衛したロドリゲスにも素晴らしい試合をしたモロニーにもおめでとうと言いたいよ。モロニーは心配する必要はない。すぐに世界チャンプになれるだろうから。"

 

さらに会場に姿を現し、試合後ロドリゲスとフェイスオフした井上尚弥

 

"おめでとうモロニー。素晴らしい準決勝を楽しみにしているよ。"

優等生コメントですな…

 

続いて苦闘の末クルーザー級一回戦を判定で制したドルティコスさん

 

"タフな試合だったけど結果には満足している。

全てのファンとWBSSにありがとうと言いたいね。"

 

勝ったけど、ドルティコスさん大爆発とはならなかったなー…残念…

ファーマー "デービス、なぜ俺とやらない?俺はお前と戦いたい!" ニュース

今日入ってきたニュースです。

昨日初防衛に成功したIBF世界スーパーフェザー級王者のテビン・ファーマーが試合後WBAスーパー王者のガーボンタ・デービスにメッセージを送ったようですな…

イギリスの強打者テニーソンを弱点のボディ攻めで 5ラウンドTKOに下す快勝を挙げたファーマーさん。

このことに関してファーマーは気分が良かったようで"誰がパンチャーだって?笑"と語っているそうですな…

 

ファーマーはなんとしてもデービス戦を実現させたいようです。

以下がコメントです。

 

"俺は世界でベストなファイターだ。だけどまだそれを証明できていない、でも見とけよ。

俺はベルトを持ってるやつなら誰とでも戦いたい。だけどその中でも1番やりたい奴がいる。デービスだよ。みんな言ってるぜ?なんでお前は戦わないんだ?なんでなんだ?デービスも戦いたいと思ってる。みんなもその試合を見たがってる。今俺はベルトを持ってるし金も生み出せる。俺たちは高額の報酬が得れる。デービスに準備をさせろよ。やろうぜ!"

 

さらにパンチャーのテニーソンを倒したことが嬉しいようで…

 

"俺は新しい戦い方を覚えたんだ。あと数年もしたら俺は31とか32になる。だから順応させ始めてるのさ。俺はプロキャリアで培った全てを使って戦ってる。俺は諦めないしそれに固執している。俺にはすげぇチームもついてる。俺たちはゲームプランを練って相手を処刑するだけさ。"

 

"作戦はジャブの後に全て繋げるって事で我慢が必要だった。俺には多くのタフな試合があったけど奴にはそれがなかった。俺と俺のチームは俺がいいパンチを打てることを知ってる。俺はどこのどいつかが俺をノックアウトする前に倒したこともあるしね。誰がパンチャーだって?

俺もうまく説明できねぇな。それは説明できないんだよ。俺だって別に今日そうしようとしてたわけじゃない。俺はキャリアの始めの12戦のうち4回負けた。そうなったらほとんどの人はやめるけど俺はやり続けた。ただハードに練習し続けて己を信じてチームの言うことをよく聞くだけさ。"

 

確かにファーマーは特別才能がある感じではないですよね。

空間把握能力は高いけど身体能力などには限界を少し感じます。やたらとデービスに固執してるけどデービスのコメントが何もないのが気になる笑

ファーマーさんがテニーソンに快勝!!テビン・ファーマーvs.ジェームス・テニーソン

こんにちは管理人です。

今日は2018年10月20日アメリカボストンで行われたIBF世界スーパーフェザー級タイトルマッチ

王者テビン・ファーマーvs.ジェームス・テニーソンの一戦です!!

苦労人のファーマーはこの試合が初防衛戦。

テニーソンは技巧派のファーマーとは対照的な強打者でスタイル的に噛み合うと思われる両者の対決となりました!

 

しかし、この試合は序盤からテニーソンのパンチを見切り、しこたまボディを打ち込んだファーマーがワンサイドの5ラウンドTKO勝ち!!

見事にボディ攻撃で強豪テニーソンを沈めてデービスとの対戦を呼びかけました!

 

それではこの試合を振り返ります!!

 

試合経過

 

1ラウンド

サウスポーのファーマーにテニーソンは積極的に距離を詰めるがファーマーはジャブをついて下がる。

ファーマーはボディを狙っておりテニーソンのガードの上から左を伸ばす。

ラウンド中盤にはハンドスピードを生かしてテニーソンのガードの隙間を撃ち抜くファーマー。

テニーソンの攻撃はバックステップで外す上々の立ち上がりだ。

 

 2ラウンド

テニーソンの動き出しに左を合わせるファーマーはコンディションが良さそうだ。

左ボディもコツコツ叩いてテニーソンの失速を狙う。

テニーソンのボディに左ボディを何度も当たるファーマーはパンチをもらわずディフェンス力の高さを見せる。

テニーソンの打ち出しに左ボディをレバーに伸ばすファーマーは顔面にも終盤にコンビネーションを決める。

 

3ラウンド

ファーマーはテニーソンの入り際に左アッパーを合わせて圧力を強めるテニーソンを危なげなくかわす。

コンスタントに左ボディを決められるテニーソンのボディは赤くなっている。

ファーマーは接近戦でもボディを多用し徐々に効いてきているように見える。

テニーソンも懸命にパンチを返すのだがファーマーは見切りが本当にパンチが当たらない。

 

4ラウンド

ファーマーは効果的にボディを放ち詰められてもボディワークで体勢を入れ替える。

中盤ファーマーはボディにしこたまパンチを集めてテニーソンの踏み込みが鈍る。

ラウンド残り1分ではテニーソンの打ち出しを狙ったファーマーの左ボディでテニーソンはついに膝をつくダウン!!

テニーソンは必死に打ち返すもののファーマーにパンチを当てられない。

 

 5ラウンド

テニーソンは前進するがファーマーはフットワークでかわしてボディを狙っている。

迎えたラウンド中盤には左ボディでテニーソンの膝が一瞬折れ、距離を取るテニーソン。

ファーマーはテニーソンのアッパーに左ボディをカウンターで放ちテニーソンはダウン!!

レフェリーがノーカウントで試合を止めた!

 

 

 

所感

 

   

素晴らしいじゃないですかファーマーさん!!

 

同じファイタータイプの尾川には大苦戦したファーマーデスが、この試合に関してはもう非の打ち所がない内容でしたね!!

テニーソンの動きを研究してきたファーマーは抜群の見切りを生かしてパンチをかわして弱点のボディを狙い撃ち。しかもうち終わりと打ち出しを狙う高等技術…

ほとんどボディにしか力を込めてなかったようですがテニーソンとファーマーは同じ時間軸にいないような感覚でしたな…

 

強打のテニーソン相手にここまでワンサイドになるとは思わなかったですがこの内容が続くのであれば案外長期政権も築けるのかな?笑

 

あ、でもデービスとやったら負けると思いますよ笑笑

ボクシングマスター・アンドラーデさん格の差を見せつける…デメトリアス・アンドラーデvs.ウォルター・カウトンドクワ

こんにちは管理人です。

今日は2018年10月20日アメリカボストンで行われたWBO世界ミドル級王座決定戦

デメトリアスアンドラーデvs.ウォルター・カウトンドクワの一戦です!!

当初この試合はアンドラーデが王者だったビリー・ジョー・サンダースに挑戦するはずだったのですが、サンダースが9月にドーピング陽性…王座を返上して急転直下でカウトンドクワに白羽の矢が立ち決定戦に至りましたな…

 

アンドラーデはここまで2階級を制しておりミドル級でもWBA王座を獲得していました。

カウトンドクワはアフリカを主戦場にする未知の強打者で不気味な存在でしたね。

 

しかし試合はアンドラーデが序盤4度ものダウンを奪い、後半からはロングレンジからカウトンドクワを削り続けて格の差を見せつけての超大差判定勝ち…

見事にWBO王座を獲得し、3度目の世界王者となった!

 

 

それではこの試合を振り返ります!!

 

試合経過

 

1ラウンド

アンドラーデはサウスポースタンスから鋭い右ジャブを伸ばすが主にカウトンドクワを観察しているようだ。

カウトンドクワは踏み込んでワンツーを放つがアンドラーデは見切りがよく当たらない。

ラウンド中盤にはアンドラーデが浅く左ストレートを当て、軽快にリングを回る。

カウトンドクワのパンチは重そうだがアンドラーデとは大きなスピード差があり当たらない。

そして迎えたラウンド残り40秒アンドラーデがカウトンドクワの踏み込みにショートの左を合わせてカウトンドクワはダウン!!

アンドラーデはボディを2発当ててラウンドを締める。

 

 2ラウンド

アンドラーデはロングレンジから左を放り込み間合いを支配する。

カウトンドクワはアンドラーデの鋭い踏み込みに反応できずカウンターの脅威から自分からも手を出しづらい。

アンドラーデは飛び込んで左フックなど自在に当ててスピードの違いを見せつける。

カウトンドクワのフックはダッキングでかわして終盤も左を放り込む。

 

3ラウンド

オーソドックスで戦い始めるアンドラーデ

右ストレートを放り込んでサウスポーにスイッチする。

カウトンドクワのパンチはしっかりブロックし、入り際にも左アッパーを合わす。

中盤戦やや距離が詰まるがアンドラーデは落ち着いてブロックを固めてクリンチ。

ラウンド残り40秒にはカウトンドクワの右をかわしてサイドに回り込み顎に左ストレートのショートを打ち込む!!バッタリと背中から倒れたカウトンドクワはかなり効いている!!

カウトンドクワはクリンチするがアンドラーデは終了間際にもコンビネーションを放つ。

 

4ラウンド

アンドラーデはダメージの残るカウトンドクワから距離をとってパンチを放り込む。

ラウンド1分過ぎアンドラーデはカウトンドクワが右を放ってきたところに左クロスを合わせてカウトンドクワはまたもダウン!!

ラウンド中盤にはカウトンドクワが右フックを打とうとしたところに左を合わせてまたもダウン!!もはやポイントではコールドゲームほどの差がついている!

前進するカウトンドクワをロングレンジからワンツー主体で押し返してラウンド終了。

 

 5ラウンド

アンドラーデはロングレンジから左ボディを放り込んで突き放す。

中盤にはカウトンドクワの入り際に左ショートを合わせるアンドラーデの動きはキレキレで隙がない。

アンドラーデは絶えず動きながら的を絞らせない。

 

6ラウンド

アンドラーデは左ボディ中心にパンチを放ち、カウトンドクワはカウンターを警戒しすぎて踏み込めない。

アンドラーデはカウトンドクワのフックのうち終わりに右フックを合わせて腹に左ストレートを打ち込みペースを掌握する。

 

7ラウンド

アンドラーデはオーソドックスで左ジャブから右をボディに当てる。

カウトンドクワの踏み込みには大振りのフックを合わせてサウスポーに戻す。

カウトンドクワは右ジャブに右ストレートを合わせるなど工夫するが間合いが遠く当たらない。

ラウンド中盤にはアンドラーデの左ストレートを腹にもらってしまう。

 

8ラウンド

アンドラーデはカウトンドクワにほとんど触れさせずレッスンを施す。

カウトンドクワのガードの外側から右フックを当てて近づくとクリンチされるカウトンドクワは手詰まりな印象。

アンドラーデは動き回りながらジャブをついてカウトンドクワをコントロール

 

9ラウンド

オーソドックスでラウンドを始めるアンドラーデは鞭のようなワンツーを放り込む。

軽いフットワークでカウトンドクワを寄せ付けずラウンド1分になるとサウスポーに戻し遊んでいるようだ。

その後5発のコンビネーションを放ち左ボディから顔面に右フックを返す。

 

10ラウンド

アンドラーデはラウンド40秒に左ストレートを当ててボディにも放つ。

カウトンドクワを軽くいなして子供扱いするアンドラーデ

中盤にはジャブをダブルで当てカウトンドクワの踏み込みには左ショートを当てるアンドラーデは効率的だ。

 

11ラウンド

アンドラーデは圧力を強めるカウトンドクワを軽くかわして左ボディを打つ。

ラウンド中盤にはミドル級とは思えない高速のワンツーを当てカウトンドクワを突き放す。

 

 12ラウンド

アンドラーデは集中を切らさず序盤ボディにコンビネーションを放つ。

カウトンドクワはポイント劣勢は分かっているはずなのにラウンド中盤アンドラーデに圧力をかけられ下がってしまう。

ラウンド中盤には軽く右を被弾したアンドラーデがコンビネーションで倍返し。

カウトンドクワに一縷の希望も与えないままゴングカウトンドクワ鳴り響く。

 

採点は1人が119-105.2人が120-104でアンドラーデ!!激戦区のミドル級のタイトルホルダーの一角となった!!

僕の採点では120-104でアンドラーデでした!!

 

所感

 

アンドラーデマジで強ぇ…

サンダースのレミュー戦を思い出しましたね。

あの試合ほとんどレミューに何もさせずに完封したサンダース。

アンドラーデはカウトンドクワにまさに格の違いを見せつけるようにボクシングレッズを施し序盤で無理に踏み込んだら強烈なカウンターを叩き込むことを刻み込み、踏み込めなくなったカウトンドクワをロングレンジから削り続けて全く危なげなく判定勝ち…

アンドラーデにとってはイージーな試合でしたな…

 

うーん、エキサイティングではないんですけどサウスポーのアウトボクサーが好みの僕からしたら完璧な試合でしたね笑笑

 

カウトンドクワは悪いけどこの階級のワールドクラスとの差をかなり感じた試合だったと思います。それを感じたからこそ後半でも出てこれなかったわけですしね。

 

今後は村田ともやって欲しいけどサンダースさんと無敗のサウスポーのアウトボクサー対決を絶対やって欲しいなぁ…

めっちゃつまらん試合になるかもしれないけど見てみたいなぁ…